臭ピタで頭皮のニオイは改善できる?

臭ピタで頭皮のニオイは改善できる?

 

頭皮のニオイについての効果とは?についてです。

 

ニオイで気になる一つとして上げられる頭皮のニオイは気にしている方も多いはず!

 

「朝、充分にシャンプーしたのに夕方ぐらいになると何故かニオイが出てくる」と悩んでいる方もいます。

 

特に女性の方が気にしている時が多いように感じますが、男性も同じく気にされています。

 

女性の場合は男性と比較し、髪の密度が多いため頭皮のニオイが強くなる性質にあります。

 

エレベーターなどの密室や、異性との触れ合いで、それに気付く男性も多いようです。

 

そんな頭皮のニオイにピッタリなのが臭ピタなのですが、少しだけ頭皮について触れたいと思います。

 

頭皮のニオイの正体とは?

 

頭皮のニオイの正体は毛穴からでる皮脂が原因です。

 

漢字の通り脂みたいな成分が頭の毛穴からでています。

 

毛穴と言えば体中にありますが、体の部位により皮脂のでる量が違います。

 

最も多く皮脂がでているのが頭皮という事です。

 

その続いて多いのが顔、続いて胸や背中、ワキ、股と続きます。

 

頭皮の皮脂量が多い理由は、紫外線などから頭皮や髪を守るために量が多いと言われています。

 

血液から糖分や脂肪分を取り込んで皮脂が作れらるので、甘党や油っこいもの多くを食べる人は頭皮からも脂なる成分が多く出る事になります。

 

この頭の毛穴からでる脂なる成分は、空気中の物質や頭の皮膚にいる菌により、脂なるものが酸化させニオイが発生します。

 

分かりやすく言うと・・頭皮から皮脂がでる→頭皮にいる菌が皮脂で活発になる→ニオイが発生する訳です。

 

頭皮からでるニオイの正体は、この毛穴からでる脂なる皮脂が原因という事です。

 

そこで、この皮脂を落とすのに、すぐに思いつくのがシャンプーで、しっかりとシャンプーで皮脂を落とすとニオイがなくなりますが、その後皮脂が増えます。

 

理由は、皮脂が頭の皮膚からなくなると体の防衛反応が働き、皮脂を大量に出すからです。

 

通常程よく皮脂は髪と頭皮を守るために必要で、これを落とし過ぎる事により皮脂量が増える事になります。

 

体に必要なものがなくなると、体はそれに反応するように遺伝子レベルまで刻み込まれているので、すぐに反応して皮脂がたくさんでるという事です。

 

そんな訳で毛穴・頭皮や髪にいいシャンプー、またはケアの方法などが紹介されていますが、ここで負のリサイクルにつながっていきます。

 

簡単に言ってしまうと「イジリすぎ・気にしすぎ・ケアのしすぎ」をしてしまう事で頭皮が反応して、いつも皮脂の量を増やそうとする働きがでて、より頭皮からのニオイを増やす事につながります。

 

まとめると、皮脂はニオイの原因になるけど、頭皮の健康を守るために必要なので、いきすぎのケアはニオイを大きくさせるという事です。

 

頭皮に限らず、いきすぎの洗顔も皮脂の量を増やす事になります。

 

これは一般的な内容ですが、この頭皮臭の場合の原因は体内から発生するもので、頭皮とはあまり関係ない事がほとんどです。

 

それによりいいシャンプーにしても、キレイにしても頭皮臭が改善されない人がほとんどです。

 

これは体臭にも言えるのですが、頭から臭いがでるので、そのように思えない人が多い事になります。

 

加齢臭なども頭皮から臭いをだす事が多いですが、帽子が臭うという事もあります。

 

体臭は体から強く発生するのではなく、その人によって強くでる部位が異なります。

 

背中、胸、後頭部、上半身と強くでる人もいれば、頭皮に強く出る人、体全体からという人もいます。

 

どこから強く臭いが発生するのかは決まっていないのが体臭です。

 

そんな訳で効果的なのが臭ピタです!

 

臭ピタは頭皮に触れず、一粒で頭皮のニオイにも働きかけますが、臭いの根本的なところにアプローチができるため、頭皮に限らず臭いの改善が早いと言えます。

 

出勤前やデートの前に一粒飲めば頭皮のニオイも安心です。

 

 

 

 

page top